役員運転手

派遣の役員運転手を活用する5つのメリットとは

更新日:

車両に関する業務に経費がかかり過ぎる、なんとかならないものか・・・。企業によっては、役員運転手さんの賃金体系を見直したり、洗車機を使用は月に一回のみ認めるというようなコストダウンを図ったりして経費削減の努力をしていらっしゃるようです。ところが、うまく経費削減に成功すると、モグラ叩きのように労務管理や車両整備の問題が浮き上がってきて、役員運転手や業務担当者の頭を悩ましているようです。
そこでおすすめしたいのが、車両業務をアウトソーシングすることです。業務委託をすることで質の高い派遣の運転手を抱えることができます。そこで今回は派遣の役員運転手にはどのようなメリットがあるのかをご説明いたします。

派遣役員運転手を利用する5つのメリット

1.最大のメリットは人件費の削減

自社雇用 派遣運転手
給与・賞与・退職金・福利厚生費が掛る
人材育成のための費用
管理請負料だけ
教育されたプロのドライバーですので、ありません。

総合的にみて、ほぼ半分まで削減できるでしょう。

2. 労務管理からの解放

自社雇用の場合、労務管理は訴訟問題にまで発展しかねない大きな問題です。
勤務時間・残業時間・休憩時間・休日などの事務処理から解放されます。

3.運転手の補充調整

自社雇用運転手は言うまでもありませんが、社員です。当然、リストラの対象にもなりますし、解雇も難しいです。また突然の退職、欠勤という場合もあります。
そのようなとき、運転手の補充、調整はかなりの困難を伴います。
派遣運転手ですと、たとえば、搭乗者との相性が良くないとか、何らかの問題が生じても、ドライバーを交替することが可能です。
また、突然の欠勤に即座に代用のドライバーを派遣いたします。
つまり、運転手の補充や調整に振り回されるはなくなります。

4.車両管理が不要

一括して業務委託をしているわけですから、日々の点検整備、定期点検、車検、消耗品のチェックなどなど、車両の管理は請負会社が負います。

5.事故処理への迅速な対応

万が一事故が起こったときでも、請負側が迅速に対応し処理いたします。
派遣運転手のメリットについて説明してまいりましたが、メリットばかりではありませ
ん。当然デメリットもあります。

デメリットも踏まえておこう

  1. ドライバーの拘束時間によって、派遣運転手の方が高くつく
    自家用自動車が毎日フル稼働している会社ですと、自社雇用ドライバーの方が安価になります。
  2. 会社の情報漏洩リスクは自社雇用ドライバーの方が少ない
    派遣運転手も守秘義務はきちんと教育されています。あくまでも、自社雇用と比較した場合です。

まとめ

メリット、デメリットを視野にいれて、派遣運転手を検討してみてはいかがでしょうか。
賢く使うと、車両に係る業務の煩雑さがなくなり、コストも総体的にみて半減するでし
ょう。

-役員運転手
-, ,

Copyright© driver's landscape , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.