役員運転手

ハイヤーとタクシーと運転代行と派遣運転手の違い

投稿日:

公共の交通機関以外で移動に利用するのに、ハイヤー、タクシー、運転代行、派遣運転手、などがあります。利用目的はいずれも移動ですが、それぞれに利用者の状況に合わせた特徴があります。違いを把握することで、特徴を生かした賢い選択ができるでしょう。中でも一番庶民的なタクシーからご説明します。

タクシー

説明するまでもなく、一番身近な移動手段として利用されています。手をあげて止まってくれるのは、タクシーだけです。
タクシーだけは運転手さんが自らお客さんを探さなければなりません。人通りの多い街中を走る(流し)か、タクシー乗り場で客待ちの列に並ぶかです。そのためボディは目立つようになっています。初乗り料金が550円~750円で距離に応じて加算されます。地方の大きな都市以外では流し営業はほとんどありませんので、出張などの際は気をつけるとよいでしょう。
終電の足を逃したとき、歩くにはちょっと距離がある場合、手荷物が多いときなど便利に利用できます。

ハイヤー

ハイヤーは、タクシーの一種です。地方によっては、タクシーとハイヤーの区別のない所もあります。なぜなら、地方ではタクシーの流し営業がなく、呼んで来てもらう(予約)だからです。ハイヤーの営業形態が予約制であり、料金設定も高くなっております。
タクシーはお客様の乗った場所から降りた場所までの時間と距離で料金が決まるのとことなって、営業所を出てからお客様を送迎して営業所にかえるまでを、料金として算出されます。従って料金は後日精算となります。
おもてなし利用が多く、車両も黒の大型車が使用されます。運転手は役員ドライバーと呼ばれるスキルの高い運転手が当たります。決められた時間の貸し切りになりますので、個人的には冠婚葬祭など、特別の日のご利用にメリットを発揮します。
法人様によっては年間の専属契約を結ばれています。

運転代行

運転代行とは、飲酒などによってクルマを運転することが不可能になった人に代わって運転して、クルマと当人を送り届けるシステムです。このサービスの発祥地が酒所秋田であることも頷けますし、公共交通機関があまり発達していない郊外から普及していったという経緯も分かります。
運転代行は二人一組で業務を遂行します。一人はお客様を乗せて運転を代行します。もう一人は、営業車で追尾します。料金は乗車から降車までの距離に代行サービス料がプラスされます。行くときは自分で運転しても、帰りには運転できないとき、自家用車を取りに行くこともなく、駐車料金などを考慮しても便利です。

派遣運転手

お抱え運転手を雇い入れるとなると、人件費や教育費などの費用がかさみます。さらに残業代やら福利厚生やらと労務管理も大変になります。そんなときに頼りになるのが派遣運転手です。正社員としての運転手を探すなら、紹介派遣というシステムを利用するのがいいでしょう。
経費削減や労務管理の煩雑さを回避するならば、一括して自家用自動車運行管理会社にアウトソーシングするのがおすすめです。その際の運行スタッフが派遣運転手です。派遣運転手はキャリアもあり、教育もほどこされております。相性的に問題があれば、別の運転手に替えることも簡単にできます。コスト的にも大幅削減になります。役員車の運行管理には効果的です。

まとめ

それぞれの違いがご理解できたでしょうか。多様なニーズにあわせて、運送方法も多様化しています。利用される方は自分のニーズにあわせて、賢く選択されるとよいでしょう。

-役員運転手
-,

Copyright© driver's landscape , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.