役員運転手

ハイヤードライバーと役員運転手とタクシードライバーの「やりがい」の違い

更新日:

タクシーとハイヤーの区別が分からないという人もいるようです。実際法律的にはハイヤーはタクシーの一種ですが、ハイヤーとタクシーでは一目瞭然の違いがあります。それは使用されている営業車両の違いです。これは業務形態が違うのですから当然です。ハイヤーは運転手と車両を時間で貸し切る役員車と考えて差し支えないでしょう。

ハイヤーのやりがい

 

ハイヤーは客待ちや流しはしません。時間単位で車両と運転手を貸し切りにするシステムで、事前に予約されます。ハイヤードライバーは営業所の待機所で待ち、お客様のご希望に応じます。営業車両には主に黒塗りの高級車が使われます。予約時間より早め着くように営業所を出て、お客様のお迎えし、目的地までお送りしたら会社に戻ります。そこまでが営業時間となります。タクシーはドライバーがシートに座ったままでドアは自動で開閉しますが、ハイヤーではマナーとしてドライバーがドアの開閉をしてお客様をむかえいれます。お客様への丁寧な対応がもとめられるのです。
お客様には企業の役員車としてご利用されることが多いので、接客にも当然気をつかわなければなません。
 ハイヤードライバーは役員運転手と同様の運転スキル、地理情報、ホテルマンのような接客態度が求められます。そして守秘義務も大事です。タクシードライバーはおしゃべり好きの社交的な人が結構歓迎されますが、ハイヤードライバーや役員運転手は寡黙な方が好まれるようです。

役員運転手のやりがい

 

役員運転手もハイヤードライバーもお客様が固定されます。ハイヤードライバーのクライアントたちは企業や公官庁のトップクラスの方たちです。もしその方たちから名指しでありがとうと言われたら、タクシーのお客様のありがとうとは重みがちがいます。そこにハイヤードライバーのやりがいがあります。お客様に名前を覚え手いただき、感謝されたり、労をねぎらわれたりするようになると、信頼されている証です。
さらに役員運転手はその信頼の構築にやりがいを感じています。普通であればお目にかかることもないような方に信頼されるということは、運転手冥利に尽きるというべきでしょう。ハイヤードライバーから役員運転手になる人が多いのも、その信頼関係にあるのかもしれません。

ドライバーは会社で待機します。

-役員運転手
-,

Copyright© driver's landscape , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.