現在地: トップページ » 未分類 » お受験どうする? HOW MUCH!

お受験どうする? HOW MUCH!

セレブのご家庭が多いといわれるお受験ですが、私立小学校のお受験にチャレンジするご家庭の世帯収入は、1000万円以上は必要といわれています。親の面接では「学費を支払い続けることはできますか」と聞かれることもあるとか。経済的に余裕がなければお受験やその後の進学が難しいことは誰しもが認めるところですね。お受験を目指すご家庭では、幼稚園通園の合間に、幼児教室や家庭教師をはじめ、いくつかの習い事にも通っているはずです。こうしたことを含めて、いったどのくらいの費用がお受験までにかかるのか、インターネットなどを参考にざっくりと表にまとめてみました。

(幼児教室などの平均的な費用)

幼児教室では、知育、体操、運動、集団行動などお受験用にさまざまなカリキュラムが組み込まれています。入会金も必要で3〜9万円。月謝はそれぞれのお教室によって条件が違うため比べることが難しいのですが月5~10万円程度。家庭教師は訪問指導が6万円ですが、PCなどによる個別オンラインでは1時間8千円程度でレッスンが可能。

また、水泳教室、体操教室などのおけいこ代が月5〜10万円と想定すると、ひと月の費用はだいたい15~25万円ほど。その他、模試とテキスト代が1万5千~2万円で平均10回分。面接のためのお受験用のお洋服も親子ともども必要なので20〜30万円。細かなところでは願書用写真代も必要経費で1校1万円。 さらに、私立小学校入試の受験料が1校あたり2~3万円。おおよそ1人3~5校ぐらいお受験するので受験料だけでもざっと10万円。そのほか、運動のテスト用洋服、靴や上履き、カバンなどの小物が5万円。もろもろ積み上げるとお受験までにはトータルすると200〜300万円が必要になるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA